fc2ブログ

Entries

貴重なスノーボードを一品いかがでしょうか?



2005年からスタートしたグリーンラボをご存知だろうか?
楽しいスノーボードや持続可能な田舎暮らしを実践する為に、日本の木を使い、ライダー自らウッドコアを組み合わせ信頼できる国内の工場で日々乗り心地を試しながらスノーボードを作っている。

彼らは、持続可能なという動きをかれこれ、17年もやっているやり続けている。

内容と現実は食い違うことがあることもあるかもしれないない。
例えば、ウェットスーツのネオプレーンを天然ゴムにしてみるとか?
リサイクルの生地を使ってみるとか?
試みているが、着心地とエゴ感を感じざる得ないこともあったが、彼らが創るスノーボードは全く違う。(今のAxxeclassic のreblue はメッチャよくってこっちよりな感触ですが)

グリーンラボのスノーボードに乗っていると
伝わってくる感触。
ソールから感じる森や山のパワーは彼らの創る素材から喜びが伝わってくる。

さて性能や乗り心地はどうだろうか?

何本かあるグリーンラボのスノーボードの中で
サーフィンに近い感触は、このRootsmountain 157.5にあった。

ノーズのスイングは軽い
素材は、感触がよく
テールのキレもいい

簡単にいうとそんな感じである。
それはなぜいいのか?
ノーズのスイングは、ノーズからテールまで軽くコンベックスが入っている。
ノーズのスイングから、テールの切れ目に関しては、サイドカーブとテール幅に関係している。

第一印象は、サーフボードに乗っているようです♪
サーフボードに例えると
6,0前後のサイドフィンが付いているボード
トライのような
クアッドのような
ツインのような
スルスルと抜けていく感じは、コーンケーブが入っているような
チューニングでもっともっと信頼できるようなセッティングになりそうです♪


なぜこんな時期にこんな説明をするかというと?

生産される本数と販売する本数があまりにも少量だからです。
ある意味誰もが持てるのではなく、選ばれし方が乗るべきなのです。
ウッドコアもしっかりとした重圧感。
ナラの木/赤松/ヒノキ
粘りもあるけど、反発もある。
ノーズのスイングとカービングのキレは、ぜひとも乗ってほしいとオススメしたいからです。

自分も欲しくて入れた一本
でも自分はDIY 157を乗っていますが
本当はこっちが欲しいなーと

スノーボードとサーフィンがリンクする
丈夫なボードをお探しの方は
ぜひご相談ください。

Roots mountain 157.5

Free ride & freestyle
Directional taperd
Nose rocker
Nose: 298mm
Waist : 254mm
Tail : 295mm
Setback : 20mm
Carve 9 /8.7/8.4/8.1
Woodcore : Nara ×Akamatsu × Hinoki

Art by : Jiro Nakayama
Instagram @jironakayama

Made in Japan

Price : ¥109,000(税別)

です♪

グリーンラボセッションとかしたいですね。
春雪で企画しよっかな~

山も雪があるうちに楽しめたら広がるなーと
感じています。


今週末は、家族で野沢温泉へ
お店は、お休みします♪

オーダーも締切ありますが、家族優先で申し訳ないのですがご注文もご連絡お待ちしております。


スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

.

カレンダー

04 | 2022/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

mo3store facebook

月別アーカイブ

プロフィール

mo3store

Author:mo3store
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード