fc2ブログ

Entries

20周年でした。

2004年4月2日
20年前の今日
まさに扇の松海岸通りで
MO3ストアを開店しました。
扇の松通りは、昔ながらの商店街
お米屋さんだった店舗を
友人達とリノベーションしながら
約1ヶ月かけてつくりました。
1ヶ月も、作業着に身を包み作業をすると
自分の店ではなく
人さまのお店をつくっているような感覚になり
店員から戻れなくなっていたことを
今でも思い出します。
(心の思い出) 昔のブログでも書いていたような事


20年が経過して
感じる事

ここからは仮説(自分論)
人はサークル🟡🟢🟡(丸い気のようなものに包まれている)としよう。

そのサークルは、大きくなったり小さくなったり
回転したり飛び跳ねたり、
相手と触れ合ったり
相手とぶつかったり
遠い時間をかけてまた会ったり
そして離れたり

バブル(シャボン玉🫧のように)

お店をやっていると
そういう風に見えたりする

例えば
移転しました。
その通りにあった時はお店に足を運んでもらっても、移転すると遠ざかったり。
逆に移転した場所へは来てくれるけど、以前の場所には合わなかったりと

人の動きや考えなど
とても読めることではありません。

今の場所は特に
隣のお稲荷さんには、近づけない方もいらっしゃるようです。
逆に入って来れる方もいらっしゃる。

人の動きって面白い。

でも子供は違うのかな~
子供は綺麗なところにやってくる。
掃除などしてないと寄りつかないし
お店の掃除をしていると自然と入ってくる。



今日なんか別件ですが
見ず知らずの初めましての、ご婦人が来て
あなたがメキシコに行ってられた方なのね?
お店の前で30分近く、旅の話をお互いに
どこはこうだった
あの場所の風景や食事などのお話をしたり
聞いたりして

こんなたわいのない話のようだけど
お互いに行ったことのない話から
想像するとまるで旅をしたかのような
そんな気分になったり、それを楽しむ時間が
幸せな時間でした。

目上の方の、経験談は本当に面白い
自分はそんな話が大好きで大好物です♪


時には
あまりお店に人が来ないと
自己嫌悪におちたりする時も無きにしもあらずですが、そういった地域の方や子供達にも
メチャクチャ支えられています。


そういえば昔から子供達来てるし、スケートボードやサーフィンやスノーボードへ一緒に行ったり
なんらかの絡みはある子たちが、成長していく姿やその子たちが子供産んで親になったりしたりするのは本当見ていて楽しい。

人生最初のスケートボードをプレゼントしたりした子がめっちゃくっちゃスケートボードにハマってるなんて嬉しいことです。

お店ってそういう意味があるのかな~と
20年経過して
まだゴールじゃないけど、醍醐味を感じています。

ただもの売っているお店ではないけど、横乗りや地域の為に力を注ぎたい!
自分自身も、人間的にも横乗りも成長や伸び代がまだまだあるって
姿をみせれたらいいなーと

お店経営
ライダー業
映画祭主催者
ビーチクリーン公園や路上の清掃
サーフィンクラブ
モグランプ
B面

他にも、まだまだやりたいことが沢山あるのは
嬉しい限りです♪


そうそう!
今年公開される作品紹介したいと思います♪
7年前に撮影した主演作品が公開されます。
“Return to zero “
制作は、アマドです♪

ジョン・セバーソン
映画監督surfer magazine 創設者
が、シェイプしたサーフボードを使って
ロングボードからミッドレングス
そしてフィッシュとリシェイプをしたサーフボードで撮影。
全て16ミリで撮影しました。


作品は
第12回横乗日本映画祭で上映される予定です♪

そちらもお楽しみ

そうそう第二弾!
昔から自分のトレードマークの
チューリップハット(axxeclassic とのコラボ)も
発売となりました♪


そちらもお見逃しなく!


20年が経過しましたが
自分のゴールは決めていません。
お店を止めることはまだまだなさそうです。
25年30年とやれるところまで!

そしていつもブログを読んで頂き感謝です。

マイペースではありますが、まだまだ進む予定ですので、飽きずに応援お願い致します。

新作Tシャツも入荷致しました。


スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

.

カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

mo3store facebook

月別アーカイブ

プロフィール

mo3store

Author:mo3store
FC2ブログへようこそ!

QRコード

QRコード